安全に間伐を行なうためにしっかりと保護する

作業は安全に的確に行いましょう 作業は安全に的確に行いましょう

安全作業で樹木や雑木林を正常な状態に戻そう

間伐や伐採といった危険を要する作業を行なう場合、格好や装備に注意が必要です。作業に携わる際は十分な装備を心がけましょう。

身を守るための装備を揃えよう

ヘルメット
作業中に万が一何かが頭部に落下したときでも、しっかりと守ってくれます。店頭や落下からも守ってくれるので安全です。
手袋
長時間作業でも手袋をしておくことでチェンソーなどによる振動を軽減することができます。また、耐切創のもなら一番怪我を負いやすい親指や人差し指を保護してくれるので安全に作業ができます。
安全ゴーグル
ノコギリやチェンソーを使用したときに飛び散る木屑から目や顔を保護してくれます。
作業用ズボン
チェンソーを使う場合、安全用品の着用が義務付けられています。作業用ズボンといった防護服を着用して脚部を保護し、切断事故を防ぎましょう。

大規模な間伐は重機が必要不可欠

大規模な間伐を行なうことが多い森林では、ノコギリやチェンソーといった手動だけではスムーズに行なうことは難しくなっていきます。大規模な間伐をする際には重機が必要不可欠になるでしょう。樹木を切り倒すだけでなく、葉や枝を取り除いたり大量の伐採木を運んだりするため、高性能の重機が作業には欠かせないものになります。そのため、間伐や伐採をする場合、基本的には業者に依頼する必要が出てきます。プロなら高性能の重機を使用して作業を進めてくれるので、短時間でもスッキリとさせることができます。

負の連鎖を断ち切るための間伐作業を

木は一度病気を発症させてしまうと、完治するまでに時間がかかります。また、周囲の木へも次々と伝染してしまうことから、病気を予防することが大切なのです。病気になってしまうと、果実を実らせる木の場合、収穫量が激減したり収穫できても味やサイズが悪かったりといった被害が出てしまいます。病気になりやすい木は肥料が多かったり、葉や枝が茂り過ぎて風通しが悪かったりといった原因が挙げられます。適度に間伐を行なって、見た目も樹木の生長環境も整えてあげましょう。

TOPボタン