樹木の成長に大きく影響する間伐

作業は安全に的確に行いましょう 作業は安全に的確に行いましょう

樹木の病気や弊害を防げ

樹木が病気になると、さまざまな弊害が発生します。どのような弊害を生んでしまうのか、ここで見ていきましょう。

樹木の病気はこのような弊害を招く

  • 台風や強風に耐えきれず折れてしまう
  • シロアリやハチなどの害虫が繁殖しやすくなる
  • 周囲の健康的な樹木にまで病気が伝染する
  • 保水の機能低下によって土砂災害の元凶をつくってしまう

樹木を常に良い環境に保つために

樹木

植物がつきやすい樹木には病害虫対策のために薬剤を散布しておくことで、成長過程で毛虫などがつくのを防ぐことができます。また、病気になった枝を切った後にその切り口に防腐剤や殺虫剤を塗っておくことで菌の侵入を防ぎます。また、菌や病気の原因となるカビや細菌は、温度の高い状態を好む傾向にあるため、日当たりや風通しを良好にすることも大切です。細菌は土の中で生存し続けることから、それらに負けない土壌をつくってあげることも重要です。腐葉土を混ぜたり土を掘り返したりすることで、病気に負けない樹木を保てるようになるでしょう。

業者に間伐を依頼した人の声

祖父から譲り受けた雑木林の樹木がボロボロになっていたので…(40代/女性)

しっかりと管理をしていたつもりでしたが、ある日雑木林の樹木の様子を見に行ったところ、病気でボロボロになっているのを見つけました。すぐさま対処しようと間伐を専門の業者にお願いしましたが、思っていたよりもスムーズに間伐をすることができたのでとても満足しています。早急に間伐を行なったことで、樹木の状態はとても良くなり、安心しています。

間伐や伐採で樹木の成長促進を

これらの事例から、間伐や伐採は樹木の成長促進に大きな影響をもたらすことがわかります。土壌改良や害虫対策といった基本的な手入れに加えて、間伐を行なうことで病気になりにくい状態を保持していくことができるのです。

TOPボタン