適切な間伐を行なって樹木の健康を守る

作業は安全に的確に行いましょう 作業は安全に的確に行いましょう

間伐作業が持つ意味や効果

男性

森林の手入れなどと称して、テレビやインターネットで「間伐」という言葉を耳にする機会があります。そもそも間伐とはどのような作業なのでしょうか。ここで間伐に関する知識を深めていきましょう。

間伐は木々の管理に欠かせない作業

森林の管理の1つでもある間伐は、樹木を健康的に育てるのに必要な作業でもあります。間伐とは競合している木を選別して伐採し、窮屈になっている木と木の隙間を広くさせて適度な空間を確保する作業のことです。また、収穫する木材の品質を向上するために行なわれる作業でもあることから、手入れには欠かせないものとなっています。

間伐はどの時期に行なうもの?

間伐は樹木が10年~20年ほど成長した段階で行ないます。その前にも成長を阻害する植物や下草などを排除する下刈りや、木をまっすぐにするための枝打ち、成長が思わしくない直裁木を撤去する除伐なども行なって適正な状態を調整していくのです。ある程度木が育ち、全定期的に混みあってきたときに間伐をして、1本1本の根元にまで太陽の光が届くような環境づくりをしていきます。

樹木の病気を防ぐ効果も

間伐によって樹木が病気にならないように予防できます(30代/伐採業者スタッフ)

樹木が腐っていて明らかに病気だとわかる状態ならまだしも、人間のようにどこが悪いと言えない樹木の場合、わずかな変化でも見逃さないようにしっかりと観察しておく必要があります。早めに施すことに越したことはありませんが、発見した際にもしも病気が進行してしまっている場合は、放置せずに正しい知識とスキルを持った業者に間伐を依頼しましょう。樹木の病気に早期に気づいて適切に間伐をすることは、森づくりをする上でも大切なことです。

木々を守るための大事な作業

間伐は森林を管理する上で欠かせない作業でもあり、樹木の病気を防ぐために大切な手入れ作業でもあります。適切に作業をするために業者に依頼するのが一般的ともいえるでしょう。

TOPボタン